2004-09-10

iVolume

iVolumeというシェアウェアを購入。
これは、iTunes上の音の大きさが異なる複数の曲について再生時のボリュームが聴感上同じように聞こえるよう、曲の再生ボリュームに関するプロパティを修正してくれるソフト。これをやっておけば、iPodでの再生時もこのプロパティを元にボリュームが設定され、同様に一定のボリュームに聞こえるよう再生される。

実は高中正義のコレクションアルバムを買ったが古い曲はやっぱりそれなりに音圧がもの足りず、古めの曲と新しい曲をシャッフルして聴くとどうしても音の大きさが合わず頻繁にボリュームを調整することとなった。iTunesにもiPodも簡易的の曲のピークを検知してそれに合わせて再生ボリュームを調節してくれる機能はあるが、簡易であるだけにはずすことも多くストレスが感じることがあった。

で、iVolumeというこのソフトを導入してみた。

iVolumeでももう賢いロジックを使っているらしく、曲をスキャンして人が聴覚上認知する平均的な音量を検知して、これを元に再生ボリュームのプロパティを一定音量で聞こえるようセットしてくれる。曲のプロパティを変更しているだけで曲自体の音量を変更しているわけではないので、音も劣化しない。

使った感じだと、たしかにiTunesの『サウンドチェック』の機能より、はるかに自然に音量をそろえてくれる。ただし、デフォルトの90dbだと少し音量が足りないと感じた。iPodで聞くには私の環境だと、93dbくらいをセットして調整を書けると丁度よい感じだ。

スキャンにかなり時間がかかり、2,000曲程度に足して実行すると半日かかる。しかし、一度読み込んだ曲の音量はキャッシュsれて2回目はスキャンされないので、一度時間を変えて全曲やってしまえば、後は楽だろう。 とにかく、iPodでいろんなジャンル、いろんな時代の音楽を聞く方は、是非一度試してみよう。

0 件のコメント:

コメントを投稿