2004-11-02

らーめん 和屋

らーめん 和屋(なごみや)に行ってきた。
以前知り合いに勧められたラーメン屋さんで一度行きたいと思っていたお店だ。京成と末広街道が交差する街道沿いにあり、渋いのれんと木の看板がでている。小さな店なので車などだと見逃してしまいそう。

外から見る店の感じは間違っても立派とは言い難い。昭和初期の納屋をイメージしたらしいが……、知らなければ入るのをためらってしまいそうな感じだ。中は外見からは想像するより意外にすっきりしていて、暖かみのある手作りっぽい木のカウンターと机がいい感じだ。昭和初期を狙ったというのもよくわかる。お店のスタッフも、大声を張り上げて注文を復唱したりはしない。丁寧で落ち着いた雰囲気だ。

ラーメンは大きく2系統、豚骨と魚系でいずれも和風テイストだそうだ。結果は非常に満足! スタッフが各地のラーメンを食べ歩いて研究するというほど研究熱心で、地元でも固定のファンが付くだけのことはあった。リピーターになること間違いない。

今回注文したのは、『和風ラーメン』(写真左)と『つけ麺』(写真右)

『和風ラーメン』のほうは、魚系のだしで鰹も振ってある。出された瞬間にだしのよい香りがして脳みその日本人の部分を直撃する。スープはさっぱり系でまろやかな味だが、鰹だしのグルタミン酸と醤油の複雑な絡み合いからくる和風の味がしっかりでていて頼りない感じはまったくない。麺も『和風らーめん』には縮れの細麺が使われていて、さっぱり系のこのスープに非常にマッチしている。また、チャーシューは注文ごとに切ってくれて湯通ししていれているようだった。このため、口の中で溶けていくような柔らかさだが脂っぽさは全くない。

同行したものが『つけ麺』を頼んだ。
こちらは本来夏の期間限定メニューだから、そろそろ姿を消すのかも知れない。こちらは、濃厚でかつ甘みを強く出したスープで、よくある食べているうちに頼りなくなっていくほかの店のスープとは一線を画す。これに太めで腰の強い麺を合わせて食べる。デフォルトで麺は1.5倍だそうだ。これに付いてくる煮卵が絶品。こちらも冬でも食べたい一品だった。

今回は、『豚骨』の法を試すことができなかったので次回は是非試したい。また、メニューには気になる『新味」というのも……。

和屋
千葉県千葉市中央区末広3−16
営業時間 11:30 - 15:00 17:30 - 22:00
定休日 水曜日
2004年11月03日追記
その後『豚骨』と『新味』を試した。
『豚骨』のほうは、しっかりと濃厚で『和風』とは全く違うタイプ。豚骨だが、特有の臭みや癖はなく油も適度、醤油ベースで味がつくられているし苦手な人でもいけそうな感じ。麺は濃厚なスープに合わせて、細麺で縮れのないタイプ(この麺の細かい使い分けが憎い)。
『新味』のほうは、和風と豚骨を合わせたもの。濃厚な豚骨だが、鰹の香りもあり口にしてみると割とあっさりとして将に両方のよいところどりをした感じだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿