2005-11-29

意外に便利、ライトEメール

端末をPHSのSIM STYLE TTに変更して意外に便利なのがライトEメール。

普通の端末はEメールが、エッジEメールがあるので、最近はあまり脚光を浴びることがないかもしれない。SIM STYLE TTではライトEメールしか使えないので使ってみると、送信が驚くほど早い。送信ボタンを押して接続されたなと思うまもなく送信完了している。

ライトEメールはライトメールの技術を利用しているようだ。
通常のEメールをPHSで使おうとするとPIAFSプロトコルでセッションを確立してから、今度はIPレベルでPOPやSMTPなどのプロトコルに従って通信を行う必要がある。一方ライトEメールは基地局と通信が確立したらそのままライトメールを送信してすぐにACKを返して終わりとなるようだ。つまり、Eメールと比較するといろんなプロトコル上の同期の手順をかなり端折れていると思われる。AUの携帯などはさらに遅かったような気がするが、これもIMAPなどのプロトコルでセッションを確立するのに時間がかかるのだろうか。

この速さは思う以上に便利で、ついつい送信メールが多くなってしまうぅ。
文字数などの制約はあるが、なかなか使えるやつ。



新発売☆SIM STYLE (ウィルコムストア)

2005-11-26

SIM STYLE TT届く


WILLCOM SIM STYLE TT
Originally uploaded by yostos.

ウィルコムのPHS、SIM STYLE TTが届いた。

早速、W-SIMを挿入して使ってみた。
予想より本体は少し大きかったが、それでもかなり小振り。ボタンがかなり小さいので、押しにくいかも。
液晶は128x128ドットなので多量の情報は表示できないが、輝度も十分で文字もくっきりしており可読性は高い。
本体自体は、キーインに対する反応もよく、文字変換もWnnに予測変換が付いたもので使い勝手は京ぽんよりよい感じ。
内蔵の着信音も、効果音が中心で実際のところ変なメロディが満載のものより印象的でよい。

PCとの接続はDDを使ってやることになる。MacOSもサポートされている。Windows版はまだ未確認だが、Mac版はドライバーとユーティリティが付属している。ユーティリティは簡単な設定ができるのみ。電話帳はW-SIM内に保存されるので、それをMac上で編集できるようなツールが欲しいところだ。

高機能ではないが必要十分なものはそろっており、写真の通りデザインコンパクトで印象的。ウィルコムが称している「高密度の塊」は言い得て妙。現物を確認せず、購入してしまったが今回は満足。

バナー

アスペスト

壁や天井にアスベストが使用されていたため、子どもの通う小学校が改築のため閉鎖となりしばらく別の小学校に通うことになった。

全国紙にも報道されたようだ。
教育委員会による説明会がなされていたが、移行する小学校のキャパシティや制約など具体的なプランも示されず……
子どもの使いか?

2005-11-25

え、顔変えたの、R2

SUBARU R2R1がマイナーチェンジした。

さすがに2005年度の「グッドデザイン賞」を受賞したR1は残したようだが、R2はこの車ではじめて採用されてこれからスバルのアイデンティティにしていくはずだったスプレッドウイングのグリルをやめちゃったのね。たしかにR1やインプレッサには似合っていたが、この車にはちょっとという感じがしないでもなかったが……

しかし、レガシィと同じモチーフのグリルを持ってくるかね。

R1と比べるともともとが、煮詰まっていない感じがあったがそれでもスバルのデザインを変えていくんだという意気込みが感じられた第一弾モデルだった。今回のマイナーチェンジで、なんだか無難で凡庸なデザインになってしまったような気がする。

価格的に苦戦して苦しいのはわかるが、志はもっと高かったはずなのに。

2005-11-23

Death Note(デス・ノート)

久しぶりの漫画。少年誌週刊ジャンプに連載されている『Death Note』という漫画。

Death note 1
大場 つぐみ原作 / 小畑 健漫画
集英社 (2004.8)
通常24時間以内に発送します。

名前を書くと人が死ぬという死神の「デス・ノート」を人が手に入れると言う話。
これだけ聞くと子どもでも笑い出しそうな着想だが、人類のためと悪人を片っ端から殺していく恐ろしく頭脳明晰な高校生の主人公とそれを追う世界的な探偵Lの対決が推理ものとして人気になっている。連載前の試験的な短編では単に主人公がノートを手に入れるという話だったのが、連載ではこういった頭脳対決、デスノートの制約、死神といった要素が注入されたのが人気連載となった要因だろう。

よーく見ると、これは『ジョジョの不思議な冒険』と同じパターン。
ジョジョのほうも最初は「不思議なマスク」というモチーフで始まった。そのうち、物語は敵スタンドとの遭遇、スタンド能力の制約、その推理、対決というパターンで構成されるようなっていった。『デス・ノート』でもよく見るとパターンは同じ。対決が面白くなるように、「殺すには相手の名前と顔を知る必要がある」、「主人公は監視カメラで監視されている」とか様々な制約が課せられた上で推理対決し、その相手の制約も推理することが大きな醍醐味となるという図式。

一気に全巻買って一晩で読み終えてしまった。
同じ事をしたい人は、BK1の『Death note 全8巻』を注文しよう。

千葉駅伝


Naoko Takahashi in Chiba Ekiden
Originally uploaded by yostos.
千葉総合スポーツセンターに千葉駅伝を見に行った。

出走後、子ども参加のイベントにガチャピンが来ていた。そこに高橋尚子も出てきてトラック内は大変なことに。

丁度自宅付近が第二走者の区間になっておりラドクリフが第二走者だったから家で見ていてもよかったか。

Banner of Chiba City government


Banner of Chiba City government
Originally uploaded by yostos.

ロッテマリーンズの日本シリーズ、アジアリーグ優勝に沸く千葉だが、近所の千葉市役所をふと見るとこんな事になっていた。

いくら先日パレードで盛り上がったにしても……

たまにオフィスの近所のスタバで見かけるボビーに教えてあげよう!

2005-11-20

SWIFT Sports

スズキのスイフト・スポーツを見に行った。

本当は試乗までやりたかったが、スイフト・スポーツについては試乗車はおろか展示車もない状態だった。仕方がないので、カタログと納車前の車があるというので見せてもらった。もちろん、見るだけで手も触れることができなかったが。

通常のスイフトと比較すると、ホイールベースが若干伸びただけで車幅は変わらないという。だが、ローダウン、ワイドトレッド化し、オーバーフェンダーを備えた車体は、ずいぶんと横幅が広くなった印象(実際には、5ナンバーぎりぎりの1650mm以下に収まっている)。リアスポイラーくらいしか目立たないが、フロントスポイラーや2本出しされたマフラーとリアバンパースポイラーなどいずれの専用のエアロパーツはなかなか迫力がある。写真で見る印象と違って、スイフトとは全く別物の車に見える。

ヴィッツのRSよりも正しくヤンチャそうで、とってもよさそうだった。
いつか試乗してやる。

2005-11-19

夢酒 SanMA

目黒に行った。帰りに寄った『夢酒 SanMA』。

沖縄風の料理が京風おでんもおいしいらしい。お通夜の帰りだったのでほとんど料理は注文せず、ひたすら飲んだだけ。沖縄の泡盛や黒糖焼酎、梅酒がそろっている。うれしいのはハートランドビールの生がおいてあること。

何よりスタッフがすばらしい。
また、行こ。

2005-11-17

意志を持って買わないということ

先日、コーヒー豆を買ったという記事でフェアトレードについて書いた。

これは、製品を選択して買うということ。
これと同時に、特定製品を買わないということも同時にわたしたちの意思表示としては必要かなと思う。

たとえば、米ソニーBMG・ミュージックエンタテイメントが起こしているルートキットの問題。
これはXCPというコピー防止ソフトに使われている技術だが、一連の記事やBlogを読む限り以下のような問題がありそうだ。

  • ユーザーがこのソフトを無効化できないようにOSの一部を書き換える。これにより特定のファイルがユーザーやプログラムからは不可視となる
  • これで、ユーザーはこのコピー防止ソフトを無効化だけでなく除去できない
  • この技術は悪意あるコードが自らを不可視として侵入するセキュリティーホールとなる可能性ある
  • BMGのWebサイトにアクセスした際、CDの再生回数やユーザーのIPアドレスなどの情報をBMGに送信しているらしい。
  • このような内容が、購入者が理解できる形でパッケージには記述されていない

ここで使われている技術は「ルートキット」と呼ばれ、スパイウェアなどに利用される技術でOSの内部に侵入してシステムレベルでの操作に割り込んで制限をかける……控えめに言っても真っ当な技術とは思えない。

なーんて状況であちらでは不買運動が広がっているらしい。

『今夜一人のベッドで』を一人ベッドで

帰宅した時間とタイミングがあって偶然見てから、なんとなく続けてみているドラマ『今夜一人のベッドで

男友達の名前で携帯に登録した女性からの電話受けているところに、妻の携帯にその男友達から着信が入る……今日のエンディング。

怖すぎる。
一人で悲鳴を上げた。

2005-11-16

Big-hearted SixApart

ここしばらくTypePadではレスポンスが悪い状態が続いていたようだ。
たしかにポストできなかったり、自分のこのサイトを開くと異常に時間がかかったりということがあった。先日ハードウェアのアップグレードなどを行い対処されている。

SixApartから“Update on and compensation for TypePad's performance”とタイトルのメモが送付されてきた。どうやら、この先月のサービス劣化に対してデフォルトでユーザーの15日間のサービスを無料にするとのこと。さらに影響の度合いによって最大45日間のサービスを要求することができる。

こう言われると良心を試されているようで、所詮趣味のWeblogだから“Thank you for the offer, but please don't credit my account”って選びたくなるよね?

2005-11-15

Compadre Blend

Tully'sのコーヒー豆、Compadre Blend。

豆の詳細は、Tullly's のアナウンスでどうぞ。「ワインのような」かどうかはともかく香り高く酸味が効いていておいしいには違いない。

フェアトレードについて

この豆はフェアトレード商品。Starbucksもフェアトレードのコーヒー豆を扱っている。
主に第三世界の方の持続的な生活向上とよい製品の継続のために、第三世界の製品を適正価格で取り扱う運動。ものを選んで買うことは、不買運動と同じく私たちができる市民レベルの明示的な意思表示だと思う。しかも、強力な意思表示。

このフェアトレード運動は、選んで買うことである意味国際協力に参加できる。現状の商品の善し悪しや価格の安さなど自分たちの直接的なメリットだけでなく、別の意志を持って商品を選ぶということで意思表示をしてみるのもいいんじゃない?

SUBARU R1 の湯飲み


SUBARU R1 CUP
Originally uploaded by yostos.
今日うちの会社の正面口でなぜかスバルの展示会が開かれていた。

どやどやと寄っていってアンケートに答えたら、R1のロゴが入ったたち吉の湯飲みをもらった。一日出先までこの湯飲みを手に持っていくのは一苦労だったが、こうしてみるとちょっとだけうれしい。

2005-11-12

たまごっちプラス


たまごっちプラス
Originally uploaded by yostos.
モニター募集で当たった新たまごっちプラス! 以前のものと内蔵しているゲームやキャラクターが多少変わっている模様。「発売前なのでオークションなどへの出品は行わないでください」との注意書き。

ほぼ日手帳セット


ほぼ日手帳セット
Originally uploaded by yostos.

来年の手帳に「ほぼ日手帳」とそのレザーカバーを購入

今年はモールスキンのDailyを使っていたが、インクの裏写りとその厚みが難点だった。クオバディスに戻すことも考えたが、迷ったあげく以前から気になっていたこの手帳。

予約制で入手できる機会が限られているとなると、ついつい買ってしまうものだ。

《2005-11-13 追記》
いい感じ』のKwmrさんも愛用されている模様なので、案外女性向けというのは思いこみかもしれない。堂々と使おう。

ほぼ日手帳

手帳はDailyだが、モールスキンほどの厚みはない。しかし、インクの裏写りもなさそう。
モールスキンの素っ気ないフォーマットと比べると、いろいろと盛りだくさんな感じだが基本的にはクオバディスなどの定評のあるフォーマットとほぼ同じなので使い勝手もまずまずでしょう。
全体的に女性ユーザーを意識しているようなので、おっさんは密やかに使おう。

レーザーカバーは、思ったより柔らかい皮でごわごわしておらず、手帳もスムーズに収まった。ポケットが内側だけでなく外側にも付いており、カードや身分証明書だけでなく領収書などちょっとしたものを入れておくことができる。
バタフライ式と呼ばれるペンをカーバーの両側から出ているホルダーに通すことで、手帳が開かないようにロックできる形式。おまけのボールペンが付いていたいが、ペンに変えてしまう。ペリカンの1935だと少し短すぎるかな。まだ、この部分の皮は固くペンを指しにくいが直になじんでくるでしょう。

2005-11-10

CRIMSON SQUARE - SHAKA LABBITS

SHAKA LABBITS の3rdアルバム『CRIMSON SQUARE』

前作『CLUTCH』から1年8ヶ月ぶりのフルアルバム。
前作のストレートさから大きく変わって、楽曲の幅が広がり凝った曲や聞きやすいバラードも増えていて非常に楽しめるアルバム。それでいて曲聞けばSHAKA LABBITSしてる。

曲作りや楽器の使い方が格段にうまい。凝った曲が多いがゴテゴテした印象がない。ボーカルも前回以上に冴えている。コンサートのチケットが即プレミアチケットとなり、入手困難となるのも頷けるバンドの実力。

今回はレコーディング風景を収めたDVD付きの限定ボックスもあり、あまりテレビなどのメディアに露出しないし彼らを見るのにはよい。レコーディングの様子は見ていても楽しい。

CRIMSON SQUARE
B000B6FEXGSHAKALABBITS

アンリミテッドグループ 2005-10-19
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2005-11-07

勝手に日本カー・オブ・ザ・イヤー

日本カー・オブ・ザ・イヤー:10ベストカーが発表された。

選考車は、レクサスGS、ノート、シビック、マツダロードスター、アウトランダー、スイフト、これに輸入車4種。通常カー・オブ・ザ・イヤーは国産車からでるので輸入車ははずしてよいだろう。

勝手に決めさせてもらうと、
レクサスGS:走っているのをみたことがない。
ノート:まじめに作られたよい車だけどね。花がない。
マツダロードスター:コンセプト的にカー・オブ・ザ・イヤーとは……
アウトランダー:まだ、出たばかりじゃないか
スイフト:まじめに作ってあるよね。

なのだが、話題性ということでレクサスGSは無視できまい。また、95年のカー・オブ・ザ・イヤーでほとんど前月に発売したばかりのFTOが選ばれたことを考えるとアウトランダーがということもあり得よう。もしもアウトランダーだったら三菱がお金で買ったと思いましょう。

ということで個人的には、日本カー・オブ・ザ・イヤーはスイフト、次点でノート。Most Fun賞にマツダロードスターとしたい。

2005-11-06

SuprGluで知人全部入りBlog

Kwmrさんのところで、SuprGluが紹介されたいたので登録してみた。
まさに「糊」のように散在している自分の書いた情報を集めてきて貼り合わせるというコンセプトは面白い。だが、Kwmrさんも書かれているように、これではもう一つ自分のサイトが増えるだけでポータルとはなりえない。やはり、Blogのほうにこういう機能があったほうがうれしいだろう。(似たような機能でサイドバーに表示できる機能はすでに提供されていたりするが)

で、Okanoさんのところで示唆されているように、アグリゲーションの対象が自分のコンテンツでなくともいいということで、新しい使い方の可能性があるというはなかなか面白い味方だと思う。試しに、何人かの友人サイトを集成するサイトを作ってみた。

http://yostos.suprglu.com/

駄目だ……
単に自分のために知り合いのBlogを集めるのならBloglinesで十分で、こうやって公開する意味があまりない。執筆者もテーマもノリも違う記事が入り乱れているこのサイトを一般の人はなんだと思うだろうか? もっとも、これらの知り合いのこのサイトを教えてグループで見ようねってのはありかもしれないが。
やはり、自分なりのテーマなりセンスでもってまとめて、それを他人が見てバリューと感じるかどうかがこの手のサービスを使うときのキーかな。

勝手にわたしにサイトを使われてしまった知り合いの方、申し訳ない。

okanomail.com: SuprGlu is a new way to gather all my contents.

いい感じ: 全部入り:Suprglu

Tropy - Web 2.0を超えるか?

最近、「Web 2.0」という言葉が注目されている。BlogやWikiに代表されるような新しいコンテンツのあり方、Googleに代表される新しいインターフェイスなど、今時のWebのトレンドを一括りで言い表すには便利な言葉。

こういった流れに逆らうような、実験的なSoftwareが公開されてこの数日一部で注目されている。

公開したのは、あの結城浩氏。公開されたのはTropyというPerlで書かれたCGIで、Wikiのように大勢でコンテンツを作成・管理していくシステムだが、Web2.0に代表される流れの全く逆を行く。 匿名で記事を書くことが出来るが、ページ間のリンクはなく、HTMLも書けず、検索機能もなく、1ページの長さは制限されている、RSSも出力されない、ページ一覧すらない…… 今時のユーザーがこの手のシステムに期待する機能はほとんど実装されていない、わざと。

そして、ページはランダムに渡り歩くしかない、トップページすらランダムに選択されている。従って、ユーザーは通常のシステムと違いリンクに意味を見いだすことができない。あるページに行き当たるのは偶然でしかない。そして、ユーザーは全体の構成を理解することが難しいだろう。通常論理的に構築されるページ構成が、このシステムでは各ページが対等で中心も「構成」もないのだから。

こういったシステムが実用的か、何か使えるのかはわからない。
しかし、数日で実験サイトが負荷集中のため休止に追いやられているほどのアクセスが発生していることを考えると、このシステムに何か新しい意味や可能性を見いだしている人間は意外に多いのだろう。

たしかに、いくつかこれに刺激されて思いつくアイディアが浮かんでくる。
とても人には話せないが……

スバル360関連書籍

先日スバル360を見かけたりしたので、なんとなく以前購入したものや図書館で関連する書籍を整理してみた。

スバル360奇跡のプロジェクト
スバル360奇跡のプロジェクト小口 芳門

新風舎 2002-07
売り上げランキング : 452108

おすすめ平均 star
starますます好きになりました

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この本は写真も多く、開発ストーリーや広告の変遷、開発メンバーのインタビューなどスバル360開発に焦点を当てた書としてはもっとも内容が充実していると思う。

スバルは何を創ったか―スバル360とスバル1000、“独創性”の系譜
スバルは何を創ったか―スバル360とスバル1000、“独創性”の系譜影山 夙

山海堂 2003-02
売り上げランキング : 408054

おすすめ平均 star
starレガシィの先祖はスバル1000ではなかった?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スバル360とスバル1000を中心に開発ストーリーをまとめたもの。それぞれの前後の車種についても述べられており、技術面から見た「富士重工の歴史」といった趣。

スバル360を創った男―飛行機屋百瀬晋六の自動車開発物語
スバル360を創った男―飛行機屋百瀬晋六の自動車開発物語百瀬晋六刊行会

郁朋社 2001-07
売り上げランキング : 203635

おすすめ平均 star
star貴重な資料だと思います
star「スバル360を創った男」を読んで

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

車自体よりは開発の責任者だった百瀬晋六の業績を追悼の意味も込めてまとめたもの。当時の同僚の開発者の話がまとめられており興味深い。

てんとう虫が走った日―スバル360開発物語
てんとう虫が走った日―スバル360開発物語桂木 洋二

グランプリ出版 1995-03
売り上げランキング : 145110

おすすめ平均 star
starスバルの原点がここに!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

これもスバル360開発ストーリーをまとめたもの。『スバル360奇跡のプロジェクト』に劣らず内容的には濃い。

プロジェクトX 挑戦者たち 第3期 Vol.3 日本初のマイカー てんとう虫 町をゆく
プロジェクトX 挑戦者たち 第3期 Vol.3 日本初のマイカー てんとう虫 町をゆく中島みゆき

NHKエンタープライズ 2002-04-26
売り上げランキング : 24602

おすすめ平均 star
starかすかに乗った記憶があります。
starクルマに情熱があった時代
starSUBRU 360

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

見逃したので是非とも読んでみたい。

復刻版 名車シリーズ VOL.4 スバル360ヤングSS(プレミアム・カー)
B0003JKMB0
ビデオメーカー 2004-10-22
売り上げランキング : 83,893


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2005-11-05

なぜか旧車マニアが周りに

久しぶりに洗車に行ってきた。

洗っていると、見知らぬおじさんが声をかけてきた。
「いやぁ、このレガシィ、3リッターでしょ? どう?」

このおじさん、なんとA型のレオーネに乗っていなさる。なんでも神奈川からモーターショーを見にきたらしい。あんたのレオーネをスバルのブースに飾りたいよ。しかし、何でレオーネなんだ!? しかもA型のような……  AB型は今でもたまに見かけるが、A型となるとAB型移行が1979年だからさすがになかなか見かけない。SUBARU360やレガシィに挟まれてなんとなく存在感がなく、SUBARU1000の廉価版みたいな扱いがなされ、不当に評価が低いがレオーネはよい車だったと思う。

思うが、何も好んでレオーネの旧車じゃなくてもよいような気がする。

本当に好きなんでしょう。ひとしきり旧車の話題に花が咲く。
最近なぜか旧車マニアの方によく会う気がする。

生協の白石さん

予約していた『生協の白石さん』が到着した。

生協の白石さんについてはネットでも話題となり「どんな質問にもウィットに富んだ回答」とか「現代の癒し」とかいった感想は、いろんなメディアに取り上げられているのでもういい加減飽きたであろうからやめておく。

白石さんの一言カードの回答自体は「がんばれ、生協の白石さん」というBlogですべての回答が公開されているので、実はこの本の求めなくともネットで読めてしまう。

この本の存在意義は2つ、

一つは、白石さん自身のインタービューが読めること。
ネットでもメディアでも白石さん本人の人となりや、こういう騒動に対してコメントはあまり明らかになっていないので、そういうのを間に挟んで読んでいくのも楽しい読み方だと思う。

もう一つは、一つはネットを離れても読めること。
一言カードなので、気を入れて読み出せば一時間くらいで読み終わってしまう。ネットでの読み方はやはり読むことに集中してしまうので、やはりついつい一気に読んでしまう。一言カードでの回答の雰囲気をより味わうには、暇つぶしに読むに限る。紙というメディアに印刷された書籍という形態はそういう読み方にも対応できる。
それで、わたしはこの本をトイレの棚に置くことにした。

残念なのは、活字であること。
どうせならば、一言カードそのものをそのまま掲載して手書きの雰囲気を楽しみたかった。

とにかく、明日からトイレが少し長くなるかもしれない。

生協の白石さん お徳用エディション
生協の白石さん お徳用エディション白石 昌則

講談社 2008-04-03
売り上げランキング : 16387

おすすめ平均 star
starなつかしい、大学生協の掲示板
star再び癒されました (^o^) ホッ 座布団2枚あげたいです。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2005-11-04

東京モーターショー、がんばっていたのは


Mitsuoka Orochi
Originally uploaded by yostos.

東京モーターショーに行ってきた。
写真集を作ったので、どうぞ。

今年は国産メーカーを見る限り、3つの傾向が読めた。

  • Eco : 以前から続く流れだが、やはりこれからの自動車としての一番の課題には違いない。具体的にはHybrid、EVなどが主流
  • Emotional : 強力なエンジンやスポーティな運動性能など、より運転する喜びを求める車も一方で注目を集めている
  • Envision : 将来こうなるだろうなと思わせる現実的なモデルが多い。逆にどれもが想定内で新鮮に驚かせてくれるものが少ない

なんて、解説者風にまとめて見る……
でも、本当に国産メーカーを見る限り単純化するとこうなる。なんとなく、どこも同じように見えてしまう。たしかにレクサスやGT-Rは注目モデルかもしれないが、さんざん雑誌などで読まされたあとだと実物見てもなぁという感じ。

そんな中、ダイハツとスズキのがんばりが印象的だった。


ダイハツは、現実的なモデルではコペンZZ、マツダのロードスターなどより「これは欲しい」と思わせるものがある。ショーモデルのUFE-IIIは72Km/lという驚異的な燃費で存在感を出しているし、HVSなどこのまま市販できるではないか、出たら買うぞとしばし見入ってしまった。

スズキも、無線LANとの連携や近未来的なコックピットをもったイオニスは印象的。PXは現実性を考えると無理があるが、あの小型車にココまでの空間を作り出せるのだという驚きはたしかにある。そしてLC、もうこれは絶対に市販してほしい。スバル360のような味なる車で大ヒットとなること間違えなかろう。

というわけで、メーカーMVPは、小さいながらもよく頑張ったダイハツとスズキに上げたい。

ちなみに、我がスバルはショーモデルらしいのはB5のみ、しかもこれトヨタの傘下に入ったことで継続される技術かも怪しい。あとはトライベッカでお茶を濁すという脱力さ。いや、この力のかけなさ加減がいっそすがすがしいのであった。

個別のモデルで言うと、光岡自動車の「オロチヌードトップ」
これにデビルマンの扮装をして乗って、街中を颯爽と走りたいと夢想してしまう。

2005-11-03

dot Mac購入

dot Macに再加入。

理由は、

  • オンラインストレージにInternetDiskを利用していたが、Macだと専用ツールが用意されておらず今ひとつ使い勝手が悪かったこと
  • 容量が1GBに拡大したこと
  • 家族用のアカウントがほしかったこと
  • Backupがバージョンアップして使い勝手が良さそうなこと
  • dot MacのアカウントならばiChatで暗号化がサポートされたこと
  • GrageBandの音源が使える
  • アドレス帳やブックマークが職場からでも参照できるのは便利

などと理由を並べてみるが、結局然したる理由もない。時々環境を変えたくなる病気。でも、やっぱり便利。メールは面倒なので移行せずそのまま使うだろうが、使用しているサービスのすべてがIMAPに対応しているのでGyazMailからMail.appに戻してみる。

ディラー巡り


VOLVO
Originally uploaded by yostos.

今日はディーラー巡り。

朝から近所にできたボルボに。オープンしたばかりでスタッフの教育が行き届いていないのか、そういう会社なのか……お客様そっちのけでスタッフ同士でのおしゃべり。ま、車を買いに来たわけでもないので、いそいそと来店の記念品のキーホルダーをもらい隣接するTully'sでコーヒーを買って店を出た。

その後、DOU店に。
担当の営業の方から、新しいGOLF PLUSの展示車が届いたので見に来ませんかとのこと。ここは買ったわけでもないので担当営業がついてくれている。非常に丁寧、しかもとびきり美人の女性。

PlusはGOLFと比べると車高が高くなっているだけ。しかし、そのことで驚くほど車内は広く感じられる。天井の空間を利用して収納があったりするが、それでも気分的にはかなりゆったりした感じ。なにより後部座席がリクライニングするのがよさそう。

ここでもブランケットを頂いて帰ってくる。

中韓キムチ寄生虫戦争

人とは醜いものだなぁ……と実感してしまうニュース。

中国のキムチに寄生虫というニュースがちょっと前にあったが、今度は韓国産のキムチにも同様に寄生虫が発見されたらしい。

キムチをめぐっては、韓国政府が先月下旬、中国産キムチから卵が見つかったとして輸入を規制。その後、中国側が韓国産キムチから卵を検出と公表した

こうなると罵り合い、まさに戦争。
韓国の国産キムチはほとんどが日本に輸出されていて、韓国国内のキムチは多くが中国産だと聞く。この寄生虫騒動で韓国産キムチの日本への輸出が鈍るようなことがあると、だぶついたキムチは当然韓国国内を流通するだろう。そうすると、韓国向けに生産されている中国産キムチはただでさえ寄生虫の風評で韓国では問題となっているので、さらに需要が低下するのではないだろうか?

一番アホなのは誰だろう?

でも、この寄生虫、人体には影響ないと言われている。
それってどういう寄生虫だ!? 余計に不安になって食べることができない。しばらく、キムチはやめておこうかな。

2005-11-02

Mac OS X 10.4.3

Mac OSXのアップデートがリリースされた。
主な変更点は、Spotlightの速度向上、AFPやSMBの改善、Dashboardのウェジェット強化などなど多岐に及ぶ。今のところ問題もなく稼働。
AFPでマウントの仕方により日本語のファイル名が化けていたのが改善された模様。今のところもっともうれしい。

2005-11-01

Ethiopia Grade 1

近所にボルボのショールームができて、そのショールームとぶち抜きでTully's Coffeeが開店した。一番自宅に近いコーヒーショップなので、これからお世話になりそう。

ちょうど豆が切れていたので、その店で買ってきた。
この秋、Tully'sで数量限定で発売されている豆の一種『Ethiopia Grade 1』
強めのフレーバー、薫り高い、味は少し苦めだけれどストレートであっさりと飲める感じ。