2006-07-17

New IBM Software Tunes System Z Mainframes for SOA

IBMが新しいソフトウェアを発表した。

The new IBM Rational COBOL Generation tools are designed to help developers learn to write mainframe applications for SOA (service-oriented architecture) after only a few lessons.

これって、昔からあるCSPじゃないか。
CSPとは“Cross System Product”と製品で、COBOLに似た言語でVisualBasicライクにMainframeのアプリケーションが書けるという4GLのIBMの開発ツール。CSPも“VisualGen” (これも以前IBMが売っていたVisualAgeという開発ツールにあやかったもの )とかいろいろ名前を変えているが、ついにRationalブランドになりましたか。“Rational” + “SOA Enabling”を謳ってみる、今の戦略の典型ですね。

CSPといえば、CSPをCOBOLに変換するサービスを行っている会社を見つけた。
SoftPlexというこの会社で、以下のようなサービスを行っている。

弊社では、IBM共通業務開発言語CSPプロダクトで作成されたアプリケーションをCOBOL言語へコンバージョンするサービスをご提供しております。/p>

CSPは当初はESFという中間言語で動くものだったが、実はCOBOL生成してコンパイルした実行形式のアプリケーションを生成するようになってもう20年(たしか、90年頃発表前の製品で開発やらされたっけ)。 それをサービスにするなんてニーズがあるのかなぁ。
しかし、よく読むとCOBOL変換後は、CSPのランタイムは必要ありません。とか、変換されるCOBOLは、全てCSPで使用したフィールド名を使用するため完全に理解し易いソースコードが生成されます。とか結構魅力的。

IBMのCOBOL生成機能で作成されたCOBOLは人が読むことを想定しておらず、GOTO文の嵐なのでこれはよいかもしれない。しかもIBMのCOBOL生成したモジュールも専用のランタイムが必要なのだが、それも不要になるならすばらしい。
負の資産を抱えているどこかの部門の人に教えてあげよう。

0 件のコメント:

コメントを投稿