2006-09-07

Moumoon『Flowers』

ひさびさにおすすめのユニット Moumoon。これがデビューミニアルバム。
アルバムタイトルになってる『Flowers』を聞くとよくわかるが、楽曲も求心力があり、アレンジもセンスよく凝ってる。ボーカルのYUKAの声は、多重録音された自身のコーラスで心地よい透明感、メインボーカルでは癖はないが伸びやかで不思議な存在感がある。ルックスも良さそう。

難点は一曲一曲の完成度は高く、それぞれに工夫を凝らしたアレンジと仕掛けの多い曲なのだけど、アルバム全体として聞くと似たような傾向の音色、アレンジでボーット聞いていると一曲一曲が埋もれてしまう。思うにきっとギターも弾けるのだろうが主にDTMから入って自宅録音で音楽をやってたタイプの人じゃないだろうか。もう少し曲調に幅を持たせて、アコースティックなものやヘビーな曲も入れていくとアルバムとしても聞き応えが出てくる。特にリズムを打ち込みでっぽいものだけじゃなく生な曲もあると面白くなると思う。

いや、きっとメジャーになるでしょう。

Flowers
Flowers
posted with amazlet on 06.09.07
moumoon
ゲートレコーズ (2006/09/06)

Reference:
moumoonオフィシャルサイト

0 件のコメント:

コメントを投稿