2006-10-26

バイオレットグレー・メタリックが消えた

Legacy Blogでボディーカラーについての記事が掲載されていた。

今日は平成18年度上期(4月~9月)のレガシィ色別販売比率のお話です。「どの色が売れてるの?」気になる方も多いと思います。B4,ツーリングワゴン、アウトバックと分けて紹介しますので予想してみてください。

眺めていると、やっぱりブラック系が人気らしい。B4でいうとオブシディアンブラック・パールが一番人気。C型には確かなかったダイヤモンドグレー・メタリックが2番人気。うちのアーバングレー・メタリックよりもブラックに近く渋い感じ。もしもこの色が選べたら選んでいたかも。

うっ、C型で登場したバイオレットグレー・メタリックがない……
SUBARUのWebサイトで確かめてもD型のラインアップからは消えているようだ。去年登場したとき「これはかなり気持ちの悪い色で人気がなかろう」と思ったものだ。しかし、たったC型だけで終わるとは! こんなことならば選んでおけばよかった。C型の3.0Rかつspec.Bで、さらにこのC型にしかなかったバイオレットグレー・メタリックとなると登録台数も限られて、とってもプレミアムな満足感が得られたかもしれない。そう言えば、以前雑誌に同じくB型で消えたガーネットレッド・パールの3.0R spec.Bは国内に18台しか登録台数がないと載っていた。このレッドは渋い赤でかっこいいが、ちょっと変態っぽい銀紫だとそうも行かないかな。

0 件のコメント:

コメントを投稿