2007-08-04

PROUDMEN グルミーミングウォーター&バーム

夏も本格的になって、汗のべたつきや匂いが気になる季節がやってきた。

PROUDMEN. グルーミングウォーター 200ml
PROUDMEN. (2007-02-28)
売り上げランキング: 38

巷では男性用のフレグランスを全身にスプレーしてしまうというAXEの「フレグランス ボディスプレー」なるものが、市場を席巻しているようだ。上半身にスプレーすることで「全身からほのかに香る」らしいが、どうも虫よけスプレーを思い出してしまう。

同じように「24時間、ほのかに香る」をコンセプトにあげているPROUDMENのほうが落ち着いていそうなので、早速買ってみた。

PROUDMENの製品は、消臭成分のカキタンニンで匂いを断ち切り、グルーミングシトラスで香りをつけるというのがコンセプト。カキタンニンは「柿渋」といって剣道の防具などの消臭に昔から使われていたらしい。

今回買ったのは、まずPROUDMEN. グルーミングウォーター
香りはシトラスを中心にウッディムスクとマリン・フローラルのブレンドで軽やかに爽やか系。香り自体は確かに「ほのか」なので、バシャバシャつけてもきつい香りで気分が悪くなるようなことはなさそう。慣れてしまうせいかも知れないが、持続時間は2〜3時間程度。消臭効果は持続しているようで、確かに一日汗の匂いも抑えられて気分がよい。
保湿作用とメントールが入っているようで、ひげそり後のアフターローションに、シャンプー後のトニックやボディーローション替わりにと本当に一本で3役こなす使い勝手の良い一本。ボトルのデザインも渋い。

もう一つは、PROUDMEN. グルーミングバーム
こちらも香りは基本的には同系統だが、グルーミングウォーターよりはかなり強めで爽やかさよりは甘さが強い香りになっている。ただし、香りの持続性は強力で、朝つけて深夜に帰宅しても本当にまだほんのりと香っているくらい。全身はグルーミングウォーターで、脇や首筋など特に香りが気になる場所にこのバームを馴染ませるという使い分けがよいようだ。

どちらもあからさまなフレグランスよりは大げさに香りを強調せず、きっちり気になる匂いを抑えてつつそこはかとなく香っているので本人的には気分がよいので当面愛用だ。

0 件のコメント:

コメントを投稿