2007-09-05

A NAIVE POINT OF VIEW BREAKS US IN THE END

愛娘は勇敢に世間に立ち向い、 荒波を被って飲みこまれた後も、 まなじりを決して立っていた 何も助けて上げれなかった 今日のことは、忘れない AS LONG AS TRUST EACH OTHER NOTHING'S GONNA BREAK APART

0 件のコメント:

コメントを投稿