2008-11-09

Panny Lane

ブックオフでビートルズ全曲解説を見つけた。初めてイギリスでのシングルの一位を逃した曲「Penny Lane」について読んでいたら、その時一位だったのがEngelbert Humperdinckという人の「Release Me」だったとあった。

iTMSで探してみるとあった。
Engelbert Humperdinck "Realse Me" Engelbert Humperdinck - The Best of Engelbert Humperdinck - Release Me

全曲集の著者がイギリスのレコード購買層が永久に恥ずべき汚点とまで言っているので興味がわいたので買ってみた。時代が違うので感じ方が違うのかもしれないが、あくびが出るくらいつまらないバラードだ。「Penny Laneじゃなくて、なんでこんな曲なんだ!」という気持ちはとってもわかる。

ところで、久しぶりに「Penny Lane」を聞いてきづいたのだが、 94年か2005年のライブの音源だと思うが、曲のキーがオリジナルと違う!

オリジナルでは、B→C#m7→F#7→B→Bm→Abm7b5→GM7→Fsus4/F という感じだが半音高い。 とすると、C→Dm7→G7→C→Cm→Am7b5→AbM7→Gsus4/G となる。ピアノで弾くと、コードはともかく左手はベースラインと同じ音を弾いているので、オリジナルのキーで弾くと結構素人には難しい。だけど、半音上げてキーCでやると全然簡単になる。Cm→Am7b5→AbM7の部分は難しいコードに見えるけれど、Cmからベース音が動いているだけ。

この曲のレコーディングは1966年末から翌年の年初に掛けて行われていて、アルバムでいうと「Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band」の直前。当時盛んにテープの回転操作をしていたころだ。もしや、キーCで録音して回転を落として半音下げたのかな。

全曲解説シリーズ(2) ザ・ビートルズ (全曲解説シリーズ)
ジョン ロバートソン; 速水 丈
シンコーミュージック
売り上げランキング: 236322

0 件のコメント:

コメントを投稿