2010-05-25

Google Chrome 安定版 for Mac

 

Mac OS XのGoogle Chromeの安定版が始めて公開された。今回はLinux版も発表されていて、各プラットフォームで真剣に取り組んでいくGoogleの本気が感じられる。

WebKitをレンダリングエンジンに使ったChromeはSafari同様かなり速いブラウザだったが、今回更にパフォーマンスが上がっているという。そのスピードをアピールするYouTubeのプロモーション動画でもその自信が伺える。ということで手持ちのブラウザでテストをやってみた。テストはJavascriptとCSS renderingのベンチマーク

JavaScript Benchmark Result Graph まずは、JavaScript。

Webkit陣営の圧勝で、ChromeもSafariとほぼ同等のパフォーマンス。独自エンジンのOperaのパフォーマンスもかなり高い。以前のバージョンで確認したときはとっても遅かったのでちょっと驚いた。それに比べMozillaのエンジンを使ってるFirefox, Caminoの遅さが……

CSS Rendering Result Graph CSS Rendering。

こちらも、WebKit系のSafari, Chrome, OmniWebとも速い。Operaはこちらでもがんばっている。Mozilla系のFirefox, Caminoはこちらでも振るわず。

IEを含めていないが、シェア的には一番高そうなFirefoxの結果を見ると、Googleのユーモアたっぷりのプロモーション動画もうなずける。パフォーマンスだけを見るとやはりSafariが一番。ただ、Chromeは同じWebKitということで互換性の面でも安心だし、更にExtensionがこれから発表されることが期待できるのでMacでのブラウザの選択肢としてはかなり有力か。

もっとも、来月のWWDCでSafariのExtensionが発表されるという噂だが……

 

0 件のコメント:

コメントを投稿