2011-07-03

恋することのもどかしさ

Baby I'm amazed at the way you're with me all the time.
Maybe I'm afraid of the way I leave you.

一緒にいることに驚く、一方で離れることを怖れている……?

リマスター版の発売を記念して、演奏してみた。

Maybe I'm Amazed by yostos

アルバム自体がホーム・レコーディングみたいで評価は良くなかったけれど、当時はそんな感じも好きだった。この曲はこの頃から得意なゴスペル調の荘厳なバラードで、「ビートリー」と彼が呼ぶアレンジもよくハマってる。当初の邦題が『恋することのもどかしさ』で、最初の中止になった来日コンサート直前に『ハートのささやき』って邦題でもシングルカットされた。これを契機に邦題を覚えるのを止めてしまった。

ピアノはへなちょこキーボードでやったので、ベロシティだけ後でマニュアルで補正。リンダのコーラスパートの声はなんとかなったが、肝心のヴォーカルは完全に音域を超えてました、ハイ、さーせん。

0 件のコメント:

コメントを投稿