2011-10-31

iOS5に上げたらやっておくべきこと

忘備録。
今さらながら、iOS5にバージョンアップしたときにやっておくべきことを書き出しておこう。わたし自身はiPhone4持ちですが、3Sでも結構動いている模様なので、参考にどうぞ。

通知関連

iOS5になって通知機能が充実してMobile機器としてさらに使いやすくなったが、反面バッテリーを食う原因ともなっているようだ。不用なアプリの通知については個別にオフに設定したほうがよいだろう。
また、「緊急地震速報」はバージョンアップした場合はデフォルトではオフになっています。但し書きに「設定をオンにした場合バッテリーも持ち時間が短くなる場合があります」と書かれている。今沖縄住まいなのでとりあえずオフのままにしておこう。

位置情報サービス

先日報告されたiPhone 4Sのバッテリー異常消費の原因とも見なされている機能だが、ネットではこのシステムサービスの設定が原因とささやかれていたものだ。まずはアプリの一覧が表示されているが、位置情報が不用と思われるアプリについてはセキュリティの観点からもオフにしておきましょう。

さて、一番下にある「システムサービス」だが、コンパスの調整以外はすべてオフでよいと思われる。ちなみに「位置情報に基づくiAd」は無料アプリに表示される広告に位置情報が加味されるサービス。「携帯電話通信網検索」はキャリアは固定だろうからあまり意味がない。「時間帯の設定」は海外旅行に頻繁に行く人しか意味がない。「渋滞状況」は日本ではサービスが始まっていない。

「システムサービス」の「診断/使用状況」はAppleに自動送信されている情報に位置情報を含めるための設定。Appleには悪けれど、そうでなくてもAppleにたくさんお布施をしている我が身なればさらに通信費まで負担して貢献する気持ちにはなれない。よって、「診断/使用情報」を送る設定自体をオフにしちゃいましょう。変更は「設定」> 「情報」> 「診断/使用状況」 で「送信しない」を選択すればよい。

Spotlight検索

インデックス構築にバッテリーが消費されるらしいので不用なものはチェックを外そう。「設定」>「一般」>「Spotlight検索」で。わたし自身ほとんど利用しないので全部外してしまった。

キーボード設定

不用なキーボードをオフっておくのはこれまで通りだが、今回日本語に入力でこれまでの「かな入力」の他に「フリックのみ」が設定できるようになった。iPhoneは「お」の文字を入力するとき、「あ」を5回クリックする方法とフリックを使う方法がある。ほとんどの人はフリックしか使っていないだろう。この設定のメリットは、北斗の拳みたいに「あたたたた」と入力する時これまでは「た」の入力を連続でできなかったがこの設定であればケンシロウより素早く入力ができる。

iCloud関連

iCloud関連は別途まとめようと思うが、ここでも同期が不用なものはオフっておいたほうが無難。

2011-10-30

This Boy

まだ痛みが取れず出歩けないので、演ってみました。
幸せになれるのに……

This Boy by yostos

スモーキー・ロビンソンっぽいモータウン風の曲。この頃、3声のClose Harmonyでヴォイシングするのは彼らの中でのお気に入りだった模様。3声のどれが主旋律かわからないのも彼らの特徴。サビを歌っているのがJohnなのでJohnのパートを取り違えてる。

2011-10-29

恋愛サーキュレーション

ワンコーラスだけコピってみた。
ほとんどミニキーボードで演奏してクアンタイズ掛けてます。ギターも弾くの面倒だったので、キーボードでコード弾きで音色だけギターに。

アニメの挿入歌らしいけれど、そちらのほうは知りません。神前暁という人が作曲らしいが、この人、すごいなぁ

恋愛サーキュレーション by yostos

IV-> V -> IIIm7 -> VIm7 とか I -> VIm7 -> IV ->V とか、割と日本ではよく使われるコード進行だが、乗せてるメロディとホーンセッションのアレンジでなんだか新しく聞かせている技はすごい。これに萌え声でラップとか、よく思いつくな。

2011-10-28

スターシップ・トゥルーパーズ

『スターシップ・トゥルーパーズ』を見る。

1997年の作品で15年近く昔の映画だからか? いや、制作にかかわってるフィル・ティペットが関わった『ジェラシック・パーク』は1993年のはずだ。原作がヘボなのか? いや、原作はハイラインの『宇宙の戦士』のはずだ、あれは昔、俺も読んだぞ……
なんだろう? このやるせなさは。 CGもそんなに古さを感じさせないし、ストーリーもまぁ設定がベタなところはあるが構想はでかい。うーん

問題なのは脚本と演出と演技か。見てる印象は、アホで安直なアメリカンな80年代以前の古くさいSF映画だ。それがもしかしたら狙った演出なのかと思う節もあるが、狙いも分からん。質のいい大阪漫才を観たあとで、くそ下手なボケにラフトラック無理矢理入れたシットコムを見せられた気分だ。

たとえば、こんな具合……
宇宙戦艦に巨大アステロイドが急接近。未来の宇宙戦艦がそんな急接近されるまで気付かず、パイロットが目視で発見というところは許そう。今にも衝突しそうで警報がバンバン鳴っている中、回避操作に取り掛かったヒロインのセリフが「緊急回避、3、2、1、ゴー!」…… 数えてないで、早くハンドル切ってよ。
揚げ句の艦橋上部がへし折れて宇宙の大海原で通信機能が失われおそらく何名か亡くなっているのに、館長のセリフが「助かったわ、パイロットのおかげよ、ナイスジョブ」…… いや、あの3秒がなければ無傷だったと思うよ、戦艦も。

このヒロインは常にこんな調子。
戦艦が爆発しかけて脱出ボートも次々の火に巻き込まれていくなか、脱出ボートに乗り込んで礼儀正しくヘルメットして「用意はいい、いくわよ」、「ガァーーーーーーーーーーーーーーー(キャノピーを閉める音)」「発射!」…… 早く逃げろよ、イライラする。

まぁ、こういう楽しみ方をするならお勧めです。
敵が「虫」なのだが、地上から攻撃出来る対宇宙戦艦の屁をこく虫がいるとか、相手が虫なのに死んでもいない主人公を死んだことにして諜報戦でもやってるつもりの歩兵隊とか……

スターシップ・トゥルーパーズ [DVD]
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント (2006-01-25)
売り上げランキング: 12564

プリズン・ブレイク

痛みで夜眠れず、プリズン・ブレイクを一気に見る。丁度、炎症が治まってきて眠くなってきたところで、最終話を迎える。

プリズン・ブレイク シーズン1 (SEASONSコンパクト・ボックス) [DVD]プリズン・ブレイク シーズン1 (SEASONSコンパクト・ボックス) [DVD]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2010-05-28
売り上げランキング : 988

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

もともと映画『大脱走』のようなものを企画していたらしいが、1クルーに収まらないストーリーにテレビ局も難色を示しお蔵入りになりかけたところで『24』のような長期シリーズが人気を博したことで日の目を見たらしい。

キャスティングでは、主演のウェイントワース・ミラーはもちろんかっこよかった。兄役のドミニク・パーセルは『ブレイド3』での吸血鬼の王役で覚えアリ。サラ・タンクレディ役の女優さんは本名もサラ、サラ・ウェイン・キャリーズ。マイケルと惹かれ合うサラ役はこの人でなければあの説得力はなかったろう。シーズン3で不自然にいないのは一度降板したためらしい。ティーバック役のロバート・ネッパーも印象的な俳優。両性愛者で児童殺人で服役というサディスティックな性格で狡猾で悪運強いが、最後は脱獄メンバーで唯一服役となる。『HEROS』でも似たような役どころで活躍していた。個人的には「眠らない男」ヘイワイヤー役のサイラス・ウィアー・ミッチェルがお気に入り。この人ほど「異常者」がはまる人もいない。

こっからちょっとネタバレです

米国ではシーズンごとに人気を落としていてシーズン9までの予定がシーズン4の途中で打ち切りが決まったらしい。緻密なシーズン1に比べるとシーズン4はかなり雑な印象。混乱はしてるが、ストーリーのひねりは少なく割りとあっさりと終了。ところが、シーズン1から見ていたファンからすると、「何! ケラーマン? こいつ絶対裏切る、悪だ」と人間不信的な刷り込みがあるので、ストレートなハッピーエンドのどこでどんでん返しがあるかと構えていたところにハッピーエンドなのでかなり衝撃的w
ハッピーエンドだがマイケルを死なせちゃったのは、もう続編作らないという意思の現れか(作っちゃったらしいけれど)。

2011-10-19

Please Please Please

「Please」って単語がついた曲はこの2曲かなって思いついたので、やっつけて作ってみました。

Please Please Me by yostos Please Mr.Postman by yostos

2011-10-16

Little Willow

Little Willow by yostos

なんだか不幸が続く。

先日お世話になっている美容師さんが臨月で流産されてしまったところなのに、今日はたまたま知りあった小学校の先生の元彼氏が亡くなったとかで、一人で行く勇気がないと付合わされました。まだ、25歳だったとか。

帰ってきたら、また電話が掛かってきて、同級生の訃報を聞きました。
彼女の娘から電話でした。ガンだったそうですが、いかに彼女が勇敢に病気と立ち向かったかを聞きました。同じ時代を生きた同級生としてとても誇らしく思います。

そして、それをそばで見ながらいつもの電話ではそんな様子はみじんも感じさせず、今日も電話で立派に母親の生き様を語る彼女は16歳です。泣きそうになりました。歌でも歌えというので、この曲を一緒に歌いました。

そう、誰も君の愛を揺るがしたり奪ったりはしない、裏切られたように感じないで欲しい。今はそう見えるかもしれないけれど。

2011-10-13

愛車メンテ

迷った末に結局例年通りのコーティングを実施。
ガラスコートも考えたが、高いしこまめにメンテしたほうがきれいに保てそうだし結局経済的かと

おかげで、ピッカピカの新車のように。ま、ろくに乗ってないし、洗車も月に一度出来るかどうかだから傷つきようがないのだが。

しかし、来年は7年目か、そろそろ買い替えたいもんだ。
次はこういうヤツが欲しい。

2011-10-12

スピードマスター故障

先日朝時計を巻いている時、嫌な感触がして時計が動かなくなった。

今日、銀座にあるオメガのカスタマーセンターに持ちこんだら、しっかりゼンマイ切れだった。ま、オーバーホールが一年生早まったと思えばよいか。

それにしても、この銀座にあるSWATCHグループの拠点、ニコルス.G.ハイエック.センターはカッコいいなぁ。写真は5階のサービスセンターだが、壁には観葉植物が蔦を這わせ、フロアに木が生い茂っているという空間にゆったりとソファが置かれている。ま、落ちつかないがね

2011-10-09

PushMail

8月くらいからi.softbank.jp宛のスパムメールが横行しているようだ。 この機にGmailに乗り換えたいという何人かのiPhoneユーザーから相談を受けた。

Gmailに乗り換えた時一番困るのは、受信時通知が来ないこと。以前はi.softbank.jpに転送する事で通知としていたが、これだけスパムが多いと使えない。最近はBoxcarと言う通知アプリを使っていたが、通知のみでまた受信というのが面倒とのこと。

結局勧めたのが、PUshMailというアプリ。

Boxcarと同じように特定のアドレスにメールを転送すると、アプリが反応するいう仕組み。Boxcarと異なるのは、このアプリ自体がメールのユーザーエージェントになれること。また、このアプリから発信したり、返信したメールは元アドレスから発信した体裁になる。通知もほとんどタイムラグもなく、動作も軽快。着信音も豊富に用意されていて楽しい。

i.softbank.jp宛のスパムメールのほうは、Macのメールに設定しSpamSieveで引っ掛けて、ルールでソフトバンクのスパムメール報告用のアドレス a@b.c に転送するよう設定するくらいしかできる事はなさそうだ。

2011-10-06

Something

やっぱり何かあるな。

このベースラインは好きなので、打ち込みでなくギターと奥ターバーで弾いて見た。サイドギターはレズリースピーカーを使っているようなので、再現のため古臭いフェイズシフターをたんまりとかけている。リードギターはオリジナルはレスポールとフェンダーベースマンの組み合わせだと思うが、オーバードライブで代用。

Something by yostos

2011-10-04

Toast 11 Titanium

先日作成した動画をDVDに焼こうとして、「iMacにはiDVDが付属してない!!」という事実に気がついた。iPhotoなんかはプリインストールされているので、iLife 11が導入されているとばかり思っていたがいくつかのソフトウェアは省かれている。iLife 11は人に上げてしまったので、仕方なくToast 11を購入。


Amazonで購入すると 1万円以上のソフトだが、割とメジャーなソフトでネット上のクーポンをかき集めて海外のサイトでダウンロード版を購入すると、円高も手伝って5000円程度で購入できてしまう。

いろいろ機能はついているが、CD/DVDの焼き込み機能、ビデオコーディック変換などしか使わないだろう。さすがに使い勝手はiDVDなんかより素晴らしい。


Roxio Toast11 TITANIUM
Roxio Toast11 TITANIUM
posted with amazlet at 11.10.04
ラネクシー (2011-04-08)
売り上げランキング: 289

2011-10-03

久しぶりの披露宴お呼ばれ

なんだか久しぶりに披露宴にお呼ばれしちゃいました。
沖縄風の披露宴は初めてで、なんやかやとびっくり。こっそり様子を期間限定で載せちゃいますか。

2011-10-02

Dynamic View in Blogger

Blogger で Dynamic Viewが一般機能として公開されたようだ。AJAX、HTML5など今どきのWebテクノロジーがふんだんに使用されている。結果、いままでのBloggerとは異なる本当に「動的」なインターフェイスを経験できる。たとえば、Blogの作者だけでなく、読者も自分の好みにデザインを変更することができる。Blogger Buzzの記事によると、メリットとして、

  • 従来より40%読み込みを高速化(おそらく遅延読み込み)
  • 検索機能強化
  • SNSとの共有機能強化
  • キーボードサポート

BlogをDynamic Viewに移行すると、7種類のDynamic Viewからデフォルトのviewを選択する。が、同時にBlogの上部に以下ようなバーが現れ、読者は自由に7つのDynamic Viewを選択して表示を変更することができる。

Notes Inegales

Blogger Buzz自体がDynamic Viewに移行しているので、興味のある方は、ここでいろいろと試してみてください。

このBlogも一旦移行してみたが、元のテンプレートに戻してしまった。一番大きな理由はGadgetがサポートされないこと。サイドバーなどに常時表示させたいものがいくつかある。プロフィールのようなものはPagesを使用すれば代用できるが、統計情報のために組み込んだJavaScriptなどは現状では代替手段がない。
よって、しばらく様子見。

2011-10-01

FotoMagico 3

訳あってスライドショーの作成を頼まれたのだが、気付くとiMacを買い替えてLife with PhotoCinemaのDVDが手元にないため導入できてない。iPhotoでもよいのだが、決まった音楽に合わせてある程度写真や動画のタイミングを合わせて欲しいという要望には無理がある。仕方なく、以前から購入を迷っていたFotoMagico Proを購入。しかもApp Storeでのキャンペーン終了したばかりという間の悪さ。

Bonix Software社の製品でWWDCにおいてApple Design Awardを何度か受賞している製品。ver 3からは HomeとProに製品がグレード分けされている。違いは、Apertureからの読み出しや細かい調整、QuickTimeフォーマットでの書き出しなどで、一般的なユーザーでスクリーンショーをDVDに焼いたりWebで公開したりする用途ではHomeで十分満足できるだろう。が、今回は後々「あぁ、あれができない」とか嘆くのも面倒なので、Proの方を購入。

インターフェイスは非常に簡素だが優れている。アプリ自体の目的も明確で、それに対してインターフェイスが洗練されているのでほとんどマニュアルを読む必要ない。初めて使うユーザーでも、10分程度で素晴らしいスクリーンショーが出来てしまう。

写真の切り替えの際のトランジション効果はiPhotoのそれと大して変わらない。だが、Ken Burns スタイルを基本にしたスクリーンショーは、シンプルで美しい。以下は、サンプルで作成してみたスクリーンショー。

サンプルなのでいろいろとトランジションを試してみたが、多分本来はトランジションはもっと控えめにしてKen Burnsスタイルでパンとズームで写真そのものの美しさを楽しむような作品がふさわしいだろう。トリッキーなトランジションやエフェクトで「動画的」に楽しいスクリーンショーを作るなら、Life with PhotoCinemaやPulpMotionなどのほうが機能は上。FotoMagicoは、どちらかというとフォトグラファーをユーザーとして想定しているようだ。

AppStoreでの販売が始まり、Homeのほうは2,500円と非常に安価なのでお試しあれ。