2011-11-06

iCloudを使う

iCloudを使い始めた。
当初.Mac時代から引きずっているAPPLE IDで試したのだが、APPLE ID ≠ メールアドレスになるため面倒でしかたがない。新しくiCloudのIDを取得した。これでAPPLE ID = iCloudのメールアドレスになる。iTMSのAPPLE IDは別途設定できるので、アプリ購入に使用しているIDとは独立して管理できる。

メール

今のところまだユーザーが少ないためか、わたしの場合はフルネーム@me.comでアドレスが取得できた。設定はiCloudのアカウントを設定するだけで出来てしまう。もちろんプッシュをサポートしているので、メールがサーバーに届いた時点で通知が来る。iOS5で通知機能が強化されているので、i.softbank.jpのアドレスより使い勝手がよい。また、iCloudではWebインターフェイルのメールも扱えるので、PCではそちらを使うと便利。インターフェイス自体はMac OS X LionのMail.appに準じているのでMacユーザーはすぐに使えるでしょう。

わたし自身はiPhoneのメインにGmailを使っているがプッシュをサポートしている点はかなりポイントが高い。GoogleがGmailの純正アプリをiPhone向けにリリースしそうで、その出来次第では乗り換えてもよいかな。

連絡先

「連絡先」もiCloudで同期させた。
いままではGmailと同期させていたが、フォルダなどの情報が落ちてしまうのでどちらにしても使い勝手が悪かった。iCloudはさすがにApple純正のサービスなので完全に再現してくれる。MacもiPadもiCloudの「連絡先」をメインにしたので、すべての環境がiCloudをHubにしてOTA(Over the Air)で同期している。これでどこで連絡先を追加しても瞬時に同期となる訳だ。iCloudのメールに心が傾いているのもこの「連絡先」の同期が大きい。

カレンダー

カレンダーの同期は使わないこととした。
理由はGoogle Calendarを使いたいため。 WebのiCloudでもカレンダーは参照できるし、Macユーザーならカレンダーも同期させたほうがよいだろうが、、やはりGoogle Calendarのほうが高機能なので捨てがたい。

Google Calendarの同期にはMac上のSpanning Syncを使用している。CalDavでも同期できるが、そうすると参照のみ可能なカレンダーになってしまうので今のところGoogle とMac/iPhoneなどを同期させるにはSpanning Syncが唯一の手段。ところが、カレンダーをiCloudに移行してしまうとSpanning Syncから参照できなくなり同期不能となってしまう。Spanning Syncの開発元のブログによるとどうやらAppleがプロテクトをかけているらしい。

書類とデータ

いわゆる”Documents in The Cloud"ってやつ。ただし、アプリが対応している必要があるようで、Keynote/Numbers/PagesなどいわゆるMacでいうiWorksのアプリは対応している。ただし、ここので同期はiOS間のみ。MacなどiWorksが動作する環境でも同期はできない。MacではWebインターフェイスからダウンロード/アップロードを行う必要性がある。この辺りは互換性の問題だろう。

いままでこういったデータの同期はDropboxを使うアプリが多かったが、今後はiCloud対応が増えていくに違いない。実際超メジャーアプリのGoodReaderはiCloudに対応したようだ。

フォトストリーム

そフォトストリームは、わたし自身はまだテスト中といったところ。iPhoneで撮った写真がiPadやMacですぐに見えるのは楽しい。ただし、自身のiCloudの機器間での同期なので、当然公開目的では使えないし、今のところiCloudのWebのインターフェイスからは画像を参照することは出来ない。

PhotoStream
Uploaded with Skitch!
MacでもiPhoto/Apertureでフォトストリームを参照できる。iOSの場合は1,000枚までしか参照できないという制約があるが、Mac上ではそれらの制約はない。iPhotoは使っていないのでわからないが、Apertureの場合自動で月ごとにプロジェクトを作ってフォトストリームの写真を自動的にコピーしてくれる。まさに整理不用だ。

フォトストリームが動作する前提はWiFi接続だ。テスト中な訳は、パケット代とバッテリーの心配があるため。わたしの場合、e-MobileでWiFi接続なので常に同期が働くが、e-Mobileのパケットとバッテリーがちょっと心配になってくる。また、問題はスクリーンショットでもなんでも同期してしまうことと、個別に写真を消すことができないことという制約があるため、実際に運用してどれくらい不自由するかを確認中。

まとめ

今のところ、メールサーバーが安定していなかったり、Googleなどの既存の高機能なサービスから移行しきれなかったりしているが、iOS、そしてMacを使っている限り統合的見るとやっぱり一番便利なCloudサービスになっていくだろう。対応アプリもどんどん増えていくだろう。問題は評判の悪いAppleのサポートとサービスの安定度がこれからどこまで改善するかかな。

0 件のコメント:

コメントを投稿