2011-11-13

iPhone 4Sを買う

昨年iPhone 4を買ったばかりなので移行するつもりはなかったのだが、電話機能の調子が悪く修理にお金がかかりそうだったのでついiPhone 4Sに移行することに。

前回ブラックモデルしかない頃にiPhone 4を購入したので、今回はホワイトの64GBのモデルにしました。3Gはホワイトだったが前面は黒かったので、正面も白ってのは違和感がありです。
iPhone 4と並べて見ると、筐体はほとんど変化なし。耳を当てる部分にスリットが追加されていたり、側面のボタンの位置が微妙に変わっています。

このボタンの位置の変更で以前使っていたAir Jacketが使えなくなってしまいました。純正のBumperとかもだめでしょう。
Air Jacketが気に入っていたので再びAir Jacketの4S対応のものを購入。ただし、以前と同じクリアブラックはせっかくのホワイトがもったいないし、クリアは本体とケースの間に光の屈折で干渉模様が出るという話なので、ホワイトのラバーコーティングを購入。
さすが国産メーカー、すさまじい精度で本体にぴったりでガラス面と側面の細かい段差まで再現してあります。ラバーコートはアップルマークが隠れてしまうのは残念ですが、思ったよりも手触りもよくしっかりとホールドできます。このJacketには定評のあるアンチグレアとクリアの液晶保護シートがついているのでおすすめです。

パフォーマンス的にはDual CoreになってCPUパワーは2倍、グラフィックスの描画は7倍となっていますが、通常に使ってる分にはほとんど体感できません。Infinity Bladeなど派手なグラフィックスを使ったゲームではさすがに動きがスムーズだし、GarageBandやGuitar Proのように重たいソフトを使うとありがたみが身にしみます。今回ハード的にはiPhone 5と言ってもいいくらいに別物になっていますが、内部メモリーだけは従来通りであるようです(Infinity Bladeの開発者談)。5が出た際強化されそうなポイントです。

ソフト的な機能はほとんどiPhone4で体験済みですが、一番のハードの進化でうれしいのはカメラでしょう。5メガから8メガピクセルへの解像度の強化より、f2.4の明るいレンズとCCDの感度の向上で驚くほど明るい写真が撮れるようになっています。 試しにiPhone 4とiPhone 4Sで夜お店の看板を撮ってみました。iPhone 4で撮ったiPhone 4で撮った写真は、明るさが足りず手ぶれが起こっています。iPhone 4Sで撮ったiPhone 4Sで撮った写真は、レンズの明るさに助けられて手ぶれもなく鮮明に撮れています。感覚的にはコンパクトデジカメのハイエンド並の画像は撮れそうで、もうこれからはデジカメを持ち歩く必要なないでしょう。

あとは、Siri。
今は日本語のサポートがなく英語で使っていますが、"Call Hiroko"(xxxxxxはニックネーム、英語で付けておく必要がある)とかiPhoneに向かって話すと電話を掛けてくれます(ちなみに"Hiroko"って母です)。”Where are you from ?"とか聞くと、”Like it says on the box... I was designed by Apple in California”とか答えてくれます。可愛い奴です。ついつい時間を忘れて話しかけ続けてしまいます。 可愛い奴です。ついつい時間を忘れておしゃべりを続けてしまいます。ただ、時々自分の英語の通じなさに自信をなくします……

0 件のコメント:

コメントを投稿