2012-04-08

SUBARU BRZ vs TOYOTA 86

SUBARU BRZ SUBARU BRZとTOYOTA 86 をはしごで試乗してきました。

ディーラーに行くと、どちらも試乗車はマニュアル車なのにも関わらずひっきりなしに試乗が入っていました。こんなにマニュアル車の運転OKな人がいるなんてちょっとびっくりです。NETZ店のほうはインベントコンパニオンっぽいお姉さんも入れて、レースクイーンよろしく試乗の時傘を差しだしてくれる熱の入りようです(残念ながらわたしの試乗が始まるタイミングでお姉さんは休憩に消えました)

乗った印象は、見たまんまの超低重心。
そもそも重心の低い水平対向エンジンを、今回はFRということで前輪周りの駆動系の構造物がないためインプレッサなどと比べても極限まで低い位置にセットできているそうです。ボンネットやルーフの低さにかなり驚かされます。愛車のレガシィと比べても乗ってすぐにわかるくらい、路面に吸い付くように走ってくれコーナーでもほとんどロールなしです。
その上、フロアに直付けされたレールに設置されているシートは、ドアを開けると地面に手が付くほど座面が低く、かつ後輪側にポジションされているので、FRで後輪が地面を蹴っている感覚がお尻でよくわかります。

乗り込みもしんどい低さですが、乗ってみるとあんまり違和感なく、他の車とならんでも不思議と圧迫感を感じるようなことはありません。ボンネットも低くフロントガラスがかなり大きいので視界が広いことが大きいでしょう。また、フェンダー部分が盛り上がっているので、フロントの見切りもよいです。

両車の違いがネットでも取りざたされているようですが、乗る前は「まぁ市街地の試乗じゃわからんだろうな」と思っていました。営業さんが「86は跳ねるそうですよ」って話もちょっと眉唾だなと思っていましたが、乗ってびっくり! 本当に体感できるくらい違います。
BRZは安定指向でサスが固めと言われますが、確かに安定指向ですが前のサスを固めて相対的に後ろサスは柔らかめで、コーナーではロールを押さえて踏ん張って路面に凹凸は柔軟にいなしてくれている感じ。それに比べると86は逆のセッティングなのかな、サスは確かに柔らかい印象ですが、路面の凹凸をもろに拾ってその上でサスが飛び跳ねている感じ。確かに「跳ねる」。これは運転疲れそうだなと思いました。公道での印象なのでインプレッション記事で出ているようなサーキットだとまた違うかもしれません。一度だけ左折時にアクセルを踏み込んでみましたが、たしかに「もうちょっとでズルッと行きそう」って感触で曲がれたので、そういうのが好きな人が86のほうを選ぶのはわかります。

ハンドル径が小さいので、かなり気分を盛り上げてくれそうです。サウンドクリエーターという装置を入れて車内にエンジン音を意図的に響かせているらしいですが、普通に流しているレベルであれば思った以上に静かです。5000回転くらいまで回してやると、確かに気持ちよい音が響いてきます。ただ、ちょっと作り物っぽいかな。大人っぽい雰囲気のBRZには不要だったかもしれません。

あの赤と黒のツートンのインテリアで「86はないな」と思ってみましたが、乗ってみるとやっぱりBRZですね。
残念ながら、今オーダーしても納車は来年の1月だそうです(トヨタの話ではMTは3割くらいって読んで生産計画をしてたらしく、それで納車が遅れているそうな。バカですね)。
うーん、半年以上車なしで待てるかな? って、すっかり買う気になってしまっている……

0 件のコメント:

コメントを投稿