2012-05-27

InstaCRT

写真をレトロなフィルターで処理するというのはiPhoneでもメジャーな分野です。個人的にはずっとTiltShftGenを使ってきましたが、今回気になって購入したアプリがInstaCRTです。

右の写真は購入したMacbook Airの画像ですが、なんだかいい感じでありませんか?
元はカラー画像ですが、色褪せて周辺光が落ち込んでいい具合にレトロな感じがよく出ています。よく見ると全体に走査線が入って、古いテレビに映した画像のような画像になっています。

実はこのアプリ、写真をとるとスウェーデンにあるマシンに画像を送信してそこで古いビデオカメラから取り出したCRTに画像を写し、それを最新の一眼レフで撮影して画像を送り返してくるという仕組みです。つまり、「古いテレビに映したような画像」じゃなく、リアルに「古いテレビに映した画像」なんです。よく見ると、古いCRTなので中央部あたりに、走査線のにじみか歪みが出ている部分がありますよね。

下の動画をみるとその仕組みがよくわかります。"Real World Filter"と作者は読んでいますが、なんともアナログな処理ですが、確かにリアルです。これだけの処理をこんな仕組みでやっているので、結果が出るまで時間がかかります。最近いろんなところで紹介されて人気が出たのか結果がかえってくるまで20分近くかかります。

雰囲気のある画像になるので、時々使ってみようと思います。このCRT、壊れなければいいが。。

InstaCRT - Martin Ström

0 件のコメント:

コメントを投稿