2005-02-19

昨日の深夜、雪が降っていた。

街灯の明かりに照らされてちらちらと舞う雪。
なんとなく口元が緩むのは、私だけなのかな。

綺麗だ。
夜の雪を見ると、その情景に合わせるかのように澄んだ静かな気持ちになるのがわかる。その中で、安らかな幸せを感じる。

そして、私は叫んでいた。
「もう、もう一軒行こうぜ!」
赤坂の街灯の下で。

あれは、開き直りと酔いだったのか……

0 件のコメント:

コメントを投稿