2005-07-26

みなカラ

自動車の総合サイトである carviewが運営するSNSサービス『みなカラ』にユーザー登録してみた。
嘘か本当かビル・ゲイツと孫正義が意気投合して作った会社らしい。確かに株主にはマイクロソフトやソフトバンクが名を連ねる。

クルマを中心のSNSにアプローチするというのは面白いやり方かもしれない。
実際同じクルマのオーナーというのは交換したい情報をそれぞれたくさん持っている。たとえば、ディーラー情報、メンテナンス情報、パーツの評価、ドライビングテクニックなどだ。わたし自身も他のオーナーがどれくらいで消耗品を交換しているとか、遭遇しやすいトラブルとか知りたいと思う。これらの情報が整備手帳、パーツレビュー、ブログ、愛車紹介などの内容を登録することができ、それをメーカー別や地域別に互いに参照することができる。
何となくSNSでなく、多くのオーナーが愛車に一家言持っている日本で、こういった形でSNSを実現しようというこのアイディアはすばらしい、実装さえまともであれば……

残念なことにサーバー側のキャパシティが十分でないのかこのサイトのサービスは非常に緩慢だ。せっかくのクルマの情報もこれでは入力したり、検索して他人の情報を参照するのもおっくうになってしまう。
また、デザインも練れておらずインターフェイスが統一されていないため、どこでどういう情報や機能にアクセスできるのかすぐに迷子になってしまう。サービスとしてもクルマに関するテーマに絞ったのに、一般的なブログも導入してみてたりして迷いがあるのか。クルマ情報も有機的にもう少し活用できるよう洗練する必要がありそうだ。

もう少し洗練されるまでおいておこう。

0 件のコメント:

コメントを投稿