2005-09-18

商用フォントを利用できるブログ

MovableTypeを利用して、商用フォントで表示できるブログを開設できるサービス『Glyph−On!』がスタートした。

どうやら、サーバー側にフォントを持ち、指定により設定したフォントを使って文書をグラフィックとしてレンダリングして見せているようだ。フォントにこだわりを持つ人にとっては、自分の文章が想定したフォントできちんと表示されるメリットは大したものだろう。

しかし、以下の点で問題がある。

  1. 生成されたグラフィックにALT属性が付いていないため、グラフィック環境が使えない人や、目に不自由がある場合などは全く文章を読むことができない。かなり、基本的なアクセシビリティへの配慮が欠如しているサービスと言える。
  2. 表示できる文字の大きさが執筆者の設定した大きさに固定される。これもデザインの面からはメリットかもしれないが、アクセシビリティへの配慮が欠如している。そんなデザインの遊びをなにもブログでやることはないと思うが
  3. 重い。すべて、グラフィックで表示されるためページのロードに非常に時間がかかる。Safariだとなぜかループして読み込みが完了しないことも。

サービス自体は有料なようだ。さて、面白い試みだが、ユーザーがいるかどうか。

0 件のコメント:

コメントを投稿