2006-06-11

超撥水のミラーコート

そろそろ、梅雨入りの季節で雨の中運転しなければならないことも多くなってきた。
雨の日で一番嫌なのが、ドアミラーが水滴で非常に見づらくなること。特にしばらく雨の中野外に駐車した後などは特にひどい。経験的にも事故を起こしそうになったり、どこかをぶつけてそうになるというのは、雨でミラーが見えづらくなっていることが原因であったことが多い。そのため、以前からドアミラーにもガラスコーディング剤を塗っていたが、結局ミラー面には風が当たらないためこれらは結局思ったほど威力を発揮しない。ところが、今回0Kmでも水をはじくというミラー専用のコーティング剤を発見したので使ってみた。

それは、SOFT99 - ガラコミラーコートというもの。通常のガラスコーティングは結局は純度の高いシリコンを塗布して水をはじいて風で飛ばしてしまおうというものだが、このミラーコートはさらに撥水性の高いケイ素化合物で微細な毛が生えたような状態を作り出していて、このため蓮の葉の上を水玉が跳ねて転がり落ちていくような状態を作り出すらしい。実際、雨が降ってもまったく水が付くことすらない。自分で水滴を落としてみると、まさにはじかれて転がり落ちていく。この分野では最近親水タイプのものも増えている。中途半端な撥水だったら親水タイプのほうが効果がありそうな気がするが、これだけはじけばまったく問題ない。

塗布は簡単で、ドアミラーにスプレーをして乾燥させるだけ。ただし、軽く触れただけでその部分は撥水しなくなるので塗布後はガソリンスタンドなどでミラーを拭かれないよう注意(給油口に貼る「ドアミラーを拭かないでください」シールもついている)。

腰痛で続けていた自動車通勤、そろそろ電車での通勤にと思っていたが別の理由でまた自動車通勤になりそうな予感。毎日の通勤だといろんなコンディションで運転せねばならないので、こういった視界確保は大変重要。
わたしは油膜がつきやすくなったりワイパーがビビるのでフロントガラスには何も使わないが、サイドガラスのミラーの周りにガラスコートを使うことにしている。いままでドアミラーにもガラスコートを使っていたがこれからはこのミラーコートでこの梅雨の視界確保は完璧だ。

0 件のコメント:

コメントを投稿