2006-11-19

恐怖のギター

久しぶりにヤイリのアコギを持ち出して弾いてみた。
『スーパーマリオ』の曲を弾いていて、丁度トンネルから地下に入ったときのテーマに入って1バース弾き終わったあたりで、オクターブのユニゾンで弾いていた弦2本が同時に「バシッ」と言う音とともに切れた。そのせいでテンションが急に変わったためか、3本の弦が次々と切れていった。4弦が指に当たって少し切るケガをした。

確かにここ数ヶ月弾くのも久しぶりで、半年ほど張り替えもしていない弦だったが、一度に5本もの弦が切れるなんてのは初めての経験。弦が「バシッ、パン、パン、パン」と次々と切れていく様は呪われているとしか思えないものだった。
新しい弦を張るのはいつも怖いのだが、このときはいつもよりも更に怖かったのは言うまでもない。

久しぶりなのに、受け狙いで変な曲をやるからいけなかったのだろうか……

0 件のコメント:

コメントを投稿