2008-03-11

ExpertMouse逝く

ExpertMouseが逝った、いや、逝ってもらった。

Kensington ExpertMouse

2年近くKensingtonの機械式のExpertMouseを使ってきたが、少し前から縦方向のローラーの引っ掛かりが悪くなったのか上下の動きの反応が著しく鈍いということが起るようになった。特に感じるのはSapiensを起動するとき。カーソルで円を描くジェスチャーが必要だが、縦方向の読み取りがうまく行かないときがあり円が描けない! 最近、これが非常にストレスになってきたのだが、しかしExpertMouseはもう販売されていない、このコロコロ感は棄て難い……

と迷っていた。しかし遂に今日ExpertMouseは取り外してしまった。

で、次だが、KensingtonのOpticalなほうのExpertMouse。これは以前使用していたものがまだあるのだが、機械式を使った後では作りの雑さや感触の違いで使う気がしない。

メジャーなメーカーでは以前はマイクロソフト社製のマウスを愛していたが、今は種類も増えてどれがどれやらさっぱりわからなくなってしまった。

現在仕事で使用しているPCではロジクールのVX Revolutionを愛用していて、これはなかなか使い勝手がよい。丁度わたしの手に収まる大きさだし、形状もピッタリ。MicroGearプレシジョンスクロールホイールも大きなExcel表やWord文書を楽チンでスクロールできて今では手放せないギミック。電池の持ちもよい。ただ、専用のマイクロレシーバーを使うので、折角Bluetoothが付いているのにUSBポートが一つ食われてしまう。

最有力は、アップルのMighty Mouse。機能だけ見ると申し分ない。変に充電式でなく電池が使用できるのもGood!MacOSXとの相性もこれ以上は望めまい。形状がデザイン優先で持ち難いかもというのは慣れるかもしれない。一番心配なのは、「故障」。ネットを検索すると非常に故障記事が多い。決って、スクロールボールにゴミが入ってある方向へのスクロールが渋くなったというもの……

うーん、心配。
しばらく、iMacに付属していた有線のMighty Mouseを使用して様子見だ。

0 件のコメント:

コメントを投稿