2008-11-18

Escape from MobileMe

MobileMeからの脱出

昨今の厳しい経済情勢を受けた訳ではないが、我が家でもネット関連のキャッ シュアウトに対して見直しを行い中。TypePadについでMobileMeが槍玉に挙がっ ている。

きっかけは、ブログ移行の際に移行先のBloggerでデフォルトのドメイン blogspot.comを使うのも芸がないのでGoogleが提供するドメインサービスを利 用して独自ドメインを取得したこと。これは本来Google Appsでの利用を想定 したサービスであるので、「じゃ、Google Appsも使ってみるか」となる。新 しいメールアドレスなどもバンバン発行できるので、「では、MobileMeから移 行してもいいんじゃない?」と。

MobileMeが提供する機能を順に見て行く。

まずメール。これについてはGoogle AppsではGmailと同等の機能が使えるので 何の問題もない(絵文字が使えなかったりするようだが)。MobileMeのメール と比べると、iPhoneでのPush型メールというのもあるが、個人的にはあまり意 味を感じていないので GMail +Softbankの通常のメールで十分。

アドレス帳もGmailのコンタクトで置換出来る。iPhoneを接続しているMacでは MacOSX自体がGmailのコンタクトとの同期をサポートしている。ただ、こちら は動作が安定しないので、同様の同期をサポートしており安定していると言わ れるSpanning Syncを使用することにする。いずれにしても、機能的に落ちて しまうのは、iPhoneからのAirで同期できなくなるくらいか。

カレンダーは、iCalなんかよりよほど使い勝手がよい。また、Spanning Sync でiCalと同期可能なので、サポートに登録しているGoogle アカウントの変更 のみ申し出ればよい。ただし、この場合もiPhoneとのAirでの同期は出来ない。 ちょっとこれは痛いので、iPhone版のカレンダー機能をさいすけを移行する。 さいすけは、Google Calendarと同期できるのだ。この場合、iPhone(さいす け) - Google Calendar - (Spanning Sync) - iCal - (iTunes) - iPhone上の iCal と同期できることになる。

ホームページはBlogger、オンラインアルバムはFlickerで事足りているので、 現在も使用していない。

問題はオンラインストレッジとしてのiDIsk。
わたしの場合、iDiskはいくつかの目的で活用している。

  1. 自身の他のPCとのファイル共有
  2. 一部ファイルのバックアップ
  3. データファイル公開用スペース

このうち、ファイル共用目的ではDropboxがある。iDiskなどよりよほど出来が 良い。現時点ではβテスト中なので将来的に有料化される可能性はあるが。

バックアップとしては、Amazon S3を利用したJungleDiskか。iDiskは20GBだっ たがAmazon S3は極端に単価が安く無尽蔵にスペースを使えるので今までネッ トへのバックは諦めていたような巨大なファイルもバックアップできるか。

現時点は3のデータファイル公開用スペースだけ考えあぐねている。ほとんど 使わないが、たまにブログでソースやデータファイルなどを公開するためだ。
2008-11-19追記
よく考えると、filicio.usを利用するという手があるか、そうすればバックアップと含めてAmazon S3の料金だけで済んでしまう。猛烈にダウンロードしてくる人がいると料金が心配だが、そんなに巨大なファイルはそもそもアップロードしないので大丈夫だろう

こう考えると、ファミリーパックも含めると15,000円近いMobileMeのサービスっ てGoogleを中心に、フリーか少額のワンタイム出費で同等かそれ以上の環境が 手に入ってしまうのね。たしかにこの値段払ったアドバンテージが逆切れ気味 のサポートだとしたら継続する意味はないだろう。

いや、寧ろMobileMeに合わせてリニューアルされたセンス良さそうなWebイン ターフェイスさえSSH非対応って致命的な問題がある状態では使うべからざる…… かな。

0 件のコメント:

コメントを投稿