2008-12-03

Google Calaboration

GoogleがCalDAVプロトコルを完全サポートさいたCalaborationを発表した。 まだ、Google Codeの扱いだが一部では大変な騒ぎになっている。

Calaborationを使用すると、設定をするだけでGoogle Calendarのスケジュー ルをiCalにエクスポートでき、そして双方向に同期させることができるという Macユーザーにとっては大変便利な機能を提供してくれるユーティリティ。

騒ぎになっているのは、Spanning Syncのユーザーフォーラム。
なにせこのソフトはGoogle CalendarとiCalを同期させるというもの。全くバッ ティングしている。多くのユーザーが「Spanning Syncと何が違うんだ? どっ ちがいいんだ? Spanning Synはどうなるだ?」という質問の書き込みを始め た。

Spanning Sync Blogでは、「How Does Google CalDAV Compare to Spanning Sync?」という記事が掲載されたが、そこで主張されている違いは以下のような点。

大きな違いはコスト。
Googleは無料だが、Spannning Syncは年間利用料が必要であること。でも、わ たしは永久ライセンスを購入してしまったので関係ない。

iPhoneサポート。
GoogleのCalDAVを使った同期では、iPhone上で予定がread onlyとなって編集 できないとのこと(わたしは設定していないので未確認)。Spanning Syncで はGoogle Calender、iCal、iPhone上すべてで予定を編集できる。

カスタマーサポート。
たしかにGoogleが何かやってくれそうな気はしない。Spanning Syncはお金払っ ているしね。

コンタクトリストの同期。
Googleが提供していない機能として、Spanning SyncはMacのアドレス帳と Gmailのコンタクトを同期してくれる。アドレス帳の画像まで含めて同期して くれるのは驚きだ。もっとも日本語の場合は姓と名が逆転してしまうが、これ は姓名を分けて持っているアドレス帳と姓名を1フィールドで持っている Googleの違いから仕方がないだろう。Googleではないが、実はMac OSX自体も 同様の機能を提供している。しかし、同期の正確性や安定度はSpanning Sync のほうが上のようだ。

さて、こんな状況だからこそSpanning Syncに 移行てみませんか?
さぁ、下のアイコンをクリックしましょう! $5安くSpanning Syncが手に入り ますよ〜(暗示モード)

0 件のコメント:

コメントを投稿