2009-07-20

Edo Tokyo Musium


江戸博
Originally uploaded by yostos


江戸東京博物館で特別展で「写楽 肉筆画」展が開催されていたので見に行ってきた。ギリシャ・コルフ島にある国立コルフ・アジア美術館のマノスコレクションからの出典。

肉筆画は昨年発見されて話題になった一枚の扇面画で、写楽が版画での活動をやめた後に作成されたもの。版画と違って結構繊細な筆遣いと複雑な色使いを確認できる。いままで写楽の浮世絵で慣れ親しんだ大胆な描線と色面は版画の彫師らの技だったのか。

しかし、博物館のある両国駅は両国国技館もあり観光客が多かった。しかも、海外の方とジジババばかりで、異様にエネルギッシュでこっちが疲れてしまった。

0 件のコメント:

コメントを投稿