2004-08-29

父が亡くなった。

肺癌と間質性肺炎で昨年余命半年の診断から1年、最後は痛みを訴えていたが淡々と過ごしていた父の姿は家族としては非常に助けられた。最後の入院の際立つこともままならない状態なのにご近所に車いす姿見られることを嫌い一人で歩こうとしていた父の姿に、困り果てたものの子としては感動しましたよ。

「長い間、ご苦労様でした

0 件のコメント:

コメントを投稿