2006-08-06

ゲド戦記

ジブリの『ゲド戦記』を見てきた。
多少覚悟していたものの、前評判通りだった。原作を形もなく再構築するというのは今までの作品でもやっているのでよいとするが、カット割りの稚拙さ、説明的な台詞、さらに聞きづらいアフレコなど作品以前のレベルで問題にならない気がする。ジブリスタッフの技量で絵的にはかなり見せてくれるが、本質的なところで作品として成り立っていないように思う。そして、オープニングで暗示される壮大さとの対比で、そのイマジネーションがふくらまないことにいらだちすら感じる。

偉大な父と比べられるプレッシャーは大変なものだったろうが、「初回の監督作品だよねぇ」と許容できるレベルでもない。あぁ
後半の城でのシーンは子供の頃見た『長靴を履いた猫』を思い出した。あちらの方がおもしろかったが。

0 件のコメント:

コメントを投稿