2007-10-31

Leopard : Mail.app

Leopardに移行して、なんだかMail.appが激しく便利になっている。 一般的にLeopardの新機能として紹介される、メモとTodo。 これが予想外に便利で、いままでもちょっとしたメモを自分宛に送るということをやっていたのでメールと必要だった宛先などを気にせずに気軽にメモを起こせるようになった。また、TodoはiCalと連動してiCalのTodoを作成することができるが、メモの中でToDoボタンを押せばメモのリンクとしてToDoが作成できる。これはとってもスマート! こういったメモやTodo、それから華やかなひな形などもうれしいのだが、一番うれしいのはRSSフィードのリーダーになれること。Safariで購読しているRSSやURLを指定してMail.appで購読するフィードを簡単に追加できる。見栄えや機能はsafari並だだから機能としてはそこそこだが、それよりもメールやメモと統合することでPushされてくる情報の入り口はメールに統合してしまえるところが大きい。メールさえ上げれば、自分宛の情報と自分が関心がある情報はそこにあるというのは魅力的な環境。現在使っているNetWireのRSSリーダーとしての機能と強力なレンダリングも捨てがたい。どちらを使っていこうか迷い中…… 細かい機能だが、メール本文で電話番号や住所、日付などそれらしいテキストをメールが認識してマウスを当てると、アドレス帳登録やiCalへの登録ができるようになった。なんとなくばらばらだった純正のこれらのアプリケーションでの連携が、メールを中心にずいぶんとスムーズになった。ただ、どういうテキストをどう認識しているか不明なのでちょっと気持ち悪いが。 個人的には「添付ファイルとして転送」がサポートされたことがもっとも評価するポイント。 多くの場合メール本文に元のメールが切り貼った状態で転送されてくるが、あれだとヘッダが落ちているので多くの情報が落ちてしまう。「添付ファイルとして転送」とは、メール自体がカプセル化(RFC822形式)して添付されてくるので完全な形で受け取れる。最もサポートするMUAは少ないし…… mewを使っていた後遺症でしょうな。

0 件のコメント:

コメントを投稿