2008-01-14

グイン・サーガ118 『クリスタルの再会』

クリスタルの再会 (ハヤカワ文庫JA ク1-118 グイン・サーガ118) (ハヤカワ文庫 JA ク 1-118 グイン・サーガ 118)
クリスタルの再会
posted with amazlet on 08.01.14
栗本 薫 丹野 忍
早川書房 (2007/12/07)
売り上げランキング: 654

グイン・サーガ 118巻『クリスタルの再会

読者にとって悪夢のようなタイス篇が終わり、またもやのろのろとパロへの旅路を引っ張るのかと危ぶんでいたがやっと物語が進み出しパロに到着。思わせぶりなリンダとの再会も果たした。が、再会時には何も起こらず、またまた最後になって思わせぶりに展開して途中で終わるといういつものパターン。

そして鬱陶しいのが、ウジウジしたマリウスとフロリーのコンビ。この二人とヴァレリウスのしゃべりが本書のかなりを閉める。だんだん腹が立ってきたぞ!

どちらかというとブランの去り際がもっとも印象的かな。

0 件のコメント:

コメントを投稿