2009-09-20

Goodbye Okinawa

久しぶりにテレビを見ていて、改めて「政権交代したのだな」と思い民主党のWebsiteをチェックしてみた。 中に「沖縄ビジョン」という政策が掲載されていたので、内容を読んでみてびっくり!

「自立・独立」「一国二制度」「東アジア」「歴史」「自然」などがキーワードとしてあげられていて、沖縄において「自立・独立」型経済を作り上げるためには、「一国二制度」を取り入れ、「東アジア」の拠点の一つとなる。

つまり、「自立した経済を作るため、日本と異なる制度を取り入れ、中国の拠点とする」ということが冒頭で述べられている。詳細を見ると、「基地の縮小」と体のよい言葉を並べながら、いままで観光経済からの脱却を目指して行った企業誘致政策をあっさり無視して「外国人向けの観光経済」による経済自立を目指すらしい。ここでいう外国人ってどうやら中国を指すらしい。これで「3千万人のステイ」を目指す!?
読み進めていくと、

  • ビザの免除による東アジア(中国)との人的交流促進
  • 東アジアのエネルギー・センター(原油備蓄能力を中国に提供?)
  • 全県自由貿易地域による中国、韓国との経済交流
  • 地域通貨の発行
  • 本土との間に時差を設定

大丈夫か、この党は?
沖縄って日本の県なんだよ。 分離独立させて、東アジアの国に売り渡すつもりなのかな。
なんだかこんな党が政権に握っていることが、とっても怖くなった。

0 件のコメント:

コメントを投稿