2005-06-12

Alpha 147

アルファロメオのAlpha 147の試乗に行ってきた。

アルファロメオというとエンスーな感じがして、何となくあこがれはあるものの買う対象となる車ではないなと思っていた、乗るまでは。全く期待せずに「セレスピードってどんな感じかな?」くらいの気持ちで試乗したのだが、実際に乗ってみたらクラクラきてしまった。

試乗したのは、2.0Lのselespeed 5doorのモデル。
もう見た目は一目でアルファロメオ。5ドアでもリアのドアノブがブラックアウトしたCピラーに微妙に配置されているので見た目は3ドアと変わらない。運転席は少し狭めでいわゆる包まれ感がありメーターもスポーティな雰囲気をうまく出している。乗ってみると、このエンジンとセレスピードの組み合わせはすばらしい!

セレスピードは、最初マニュアルモードで試してみた。
ハンドル横のパドルはハンドルとともに回転するタイプなので、慣れないとどこにあるかわからなくなってしまう。たぶん、位置は固定の方がよかったのではないかと思う。まぁ、通常のシフトノブでも操作可能で、マニュアル車に慣れた私にはこちらのほうが自然だった。マニュアルモードで乗る分には、まさにクラッチ不要のマニュアル車で楽なことこの上ない。シフトアップの際にはアクセルを少し戻してやる必要があり、そしてシフトアップと同時に少し早めにアクセスを踏むとよい感じになるなど、多少癖があるがすぐに慣れるだろう。そして、シフトダウン、これが快感だ! シフトダウンすると自動的にエンジンが吹けあがって回転数を合わせてくれる。自動ヒール&トゥー状態である。しかもこのときのツインスパークのエンジンの吹け上がる音! もうこれだけで「この車と一生つきあえたら」と思っている自分がいる。

そしてシティモードといういわゆるオートマに近いモード。
これはダメだ。シフトアップの際にトルクの抜けがあり、失速する感じがあからさまにわかる。初心者のマニュアル運転みたいな感じ。まぁ、でもエンストせずにきちんと走るので、ずぼらしたい時や渋滞の時はよいかもしれない。

いずれのモードも、オートマしか乗ったことがないタコメーターを見る癖もない方よりは、マニュアルの延長で乗るドライバーのほうが断然楽しい。

スペック上はエンジンは大したことない。それほどパワフルでもないし特に高回転という訳でもない。冷静に考えると低回転でもしっかりとトルクがでていて、まぁ5000〜6000回転くらいがおいしい、どちらかというと実用的なエンジン。あの吹き上がり音は、かなり演出したセッティングのような気はする。

が、やはり心躍ることには違いない。
あー、これください。

0 件のコメント:

コメントを投稿